仏教のお盆に匹敵するキリスト教の行事|写真マイガーデンシリーズ


仏教のお盆に匹敵するキリスト教の行事

2022.08.15(00:01) 4690

仏教のお盆に匹敵するキリスト教の行事


 仏教ではお盆の日ですが たまにはキリスト教の話

 仏教のお盆に匹敵するキリスト教の行事は

カトリック、正教、聖公会では、
毎年8月15日は聖母マリアの記念日となっています。

イエス・キリストの母に対して敬愛を表し、祈りを捧げる日です。
多くの信徒が教会に集まってミサがあります。
かなり盛り上がる重要な日なのです。

日本ではちょうどお盆休みの時期に当たりますから、
家族そろって教会に行けますし。

キリスト教で、もっとお盆っぽいのは、11月です。
11月1日が「緒聖人」、11月2日が「死者の日」となっています。
11月を通して、すべての死者のために祈りが捧げられます。


「復活のろうそく(パスカル・キャンドル Paschal Candle)」

復活祭(イースター)の前夜に行われる徹夜復活祭の「光の祭儀」で用いられる大きなろうそくには、
十字架、ギリシャ語アルファベットの最初と最後の文字にあたるAとΩ(はじまりと終わりを表す)、年号が記されている。
ろうそくは聖霊降臨の日(ペンテコステ。復活祭から数えて50日目)までの毎日曜日のほか、洗礼式や葬儀の際にも灯される。

  以上、ネット情報より


  キリスト教の「復活のろうそく」


D85_3153.jpg


  仏教のお盆に匹敵するキリスト教の行事


「復活のろうそく」パスカル キャンドルD85_3095


  「復活のろうそく」
    パスカル キャンドル


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<立体絵葉書の 「残暑見舞い」 | ホームへ | お盆休みは自宅でまったりとテーブルフォトを>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する