「移動販売」 買い物難民支援事業スタート |写真マイガーデンシリーズ


「移動販売」 買い物難民支援事業スタート 

2021.07.30(00:01) 4310

「移動販売」
 買い物難民支援事業スタート
 


買い物難民支援事業で我が自治会に毎週月と木曜、2回移動販売に来ていただくことになりました
 今日で第2回目です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下、#Yahooニュース2021/07/28で紹介されそのまま記事を紹介します

奈良市の菅野台自治会は「ダイエー スーパーマルナカ富雄南店」と連携し、移動販売車が週2回巡回する取り組みを7月26日に始めた。(奈良経済新聞)

 冷蔵機能を備えた軽自動車で、生鮮食品・総菜・日用品など約300品目を、住宅地の一角で販売する。

 スーパー減少などから近隣に店がない、高齢化が進み交通手段がないなど日常生活に必要な食料品や日用品の購入に困っている「買い物難民」の支援を目的としている。

 菅野台自治会は会員から「買い物が困難になっている人が多い。買い物支援をしてほしい」との声を受け、移動販売車を所有している事業者や、奈良市社協、奈良市地域包括支援センターなどで構成される「奈良市買い物支援ネットワーク」に相談し実現にこぎ着けた。

 利用者は「近くに販売に来てくれて大変助かる」と話し、「昔、移動販売があり、ご近所さんとのコミュニケーションの場でもあった。買い物をしながら話をするのが楽しい」という声も聞かれた。同店の栗田一哉店長は「今後は、お客様が求める物を提供していきたい」と意気込む。

 自治会会長の久米廣信さんは「近年自治会離れが日本中で叫ばれる中、当自治会は発足50年を迎えた。これからもみんなでつながりあえる住み良い街になる取り組みを行っていきたい」と思いを込める。

 市の担当者は「この取り組みは7月末現在27カ所で行われている。もっと多くの地区で行えれば」と話す。


210728Yahoo!ニュース51016_0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第1回目は場所が分からずスタートが遅れたり、欲しい品物がない

 価格が分かり難い等色々不都合が生じましたが

今回は色々と改善してもらいスムーズな販売が出来ました

EM1S3271.jpg



 販売時間は30分間ですが

  買い物客はひっきりなしに来てくれました

EM1S3277.jpg



 これから定着継続維持が一番の課題です

  自治会としては高齢者や体の不自由な方々の一助になればと

 PR等色々バックアップしていく予定です

EM1S3274.jpg



 スタッフの皆さん

  猛暑の中、毎度お疲れさまでした~(^^)v
 

Z6D_2840.jpg


  撮影機材:12-40F2.8 EM1S


  「移動販売」
   買い物難民支援事業スタート
 

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

<<お中元の季節 | ホームへ | 土用の丑の日(2021年7月28日水曜)は鰻丼で>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する