季節の花たち|写真マイガーデンシリーズ


ご近所散策 キンカン

2021.04.02(00:01) 4189

ご近所散策 キンカン


 果実をより リアルに撮りたい

   CZマクロプラナー100F2.8の描写 Z6


Z6D_8539.jpg



Z6D_8538.jpg



Z6D_8537.jpg



Z6D_8535.jpg


  撮影機材 : キンカン CZ100F2.8MP Z6


  ご近所散策 キンカン


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

薔薇を撮る

2021.01.25(00:01) 4118

薔薇を撮る



  ディスタゴン35mmF1.4で薔薇🌹を撮る

Z6D_5246.jpg


  ピンクの薔薇

Z6D_5244.jpg


  紅い薔薇🌹


Z6D_5236.jpg


  撮影機材 : CZ351.4(西独) Z6
⇒薔薇を撮るの続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

コバノランタナ

2021.01.09(00:01) 4101

コバノランタナ


  冬の斜光と小さなサンダル

Z6D_7301.jpg



Z6D_7300.jpg



Z6D_7296.jpg


  撮影機材 : CZ55F1.2 Z6


  コバノランタナ

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

センニチコウ(千日紅)

2020.12.12(00:01) 4073

センニチコウ(千日紅)


  AFS28-300G 10倍ズームでの撮影

   画質がちょっと心配でしたが

  センニチコウ(千日紅)

   これだけ撮れれば良しとしましょう~(^^)v (ボディはZ6)

Z6D_2690.jpg



センニチコウ(千日紅)
 ヒユ科の春播き一年草。園芸植物として栽培されている。

形態
草丈は50cmくらい、よく分枝し、葉は対生し、細長く、白みを帯びている。
全草に粗い毛が生えている。
花は7月から9月にかけて咲き、直径2-3cm。

以上、『ウィキペディア(Wikipedia)』より

Z6D_2680.jpg



千日紅(センニチコウ)
 英語の花言葉は「unfading love(色あせぬ愛)」「immortality(不死、不滅)」


千日は咲こうかというくらい花期が長いので

  色あせぬとか不死、不滅の花言葉になったのでしょう


Z6D_2684.jpg


  撮影機材 : 千日紅 AFS28-300G Z6


  センニチコウ(千日紅)


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

秋色それぞれに

2020.11.08(00:01) 4039

秋色それぞれに


 夕方でもしっかり咲いていました

   ヒルガオ?夕顔(ユウガオ)でしょうか?

 花と蔓の構図に惹かれ 切り撮った一枚

Z6D_4911.jpg



 今日は一日雨

Z6D_4903.jpg



 小雨に煙る佇まい

   秋雨も風情があっていいものですね

 プラナー55mmF1.2絞り開放

   黄昏時の最後の残光を集めて


Z6D_4898.jpg


  撮影機材:CZ55F1.2 Z6


  秋色それぞれに

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

タカサゴユリ

2020.08.13(00:01) 3949

タカサゴユリ


 木漏れ日の中

   「タカサゴユリ」が楚々とし 艶やかに~🌼♪

 花言葉は

   「純潔、無垢、威厳」 お似合いの呼び名

お盆に映える花タカサゴユリPENF0149



 自生している花たちです

タカサゴユリ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
分類
目 : ユリ目 Liliales
科 : ユリ科 Liliaceae
属 : ユリ属 Lilium
亜属 : テッポウユリ亜属 Leucolirion
種 : タカサゴユリ L. formosanum
学名
Lilium formosanum Wallace
和名
タカサゴユリ
(高砂百合、中国語: 台灣百合、英語: Taiwanese lily)はテッポウユリ亜属の植物。
台湾原産。

名前の由来
台湾を意味する古称である高砂国に由来する。
原産地の台湾では「台湾百合」(台灣百合)、「高砂百合」と呼ばれている。
なお、テッポウユリとの類似性から日本では「ホソバテッポウユリ」と呼ばれる場合もある。


自然に生えたタカサゴユリPENF0163


 花瓶に生けても 麗しい


tsPENF0170


 撮影情報 : NCZ50mmF2 + PENF 梨風庵


  タカサゴユリ

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

ノウゼンカズラ

2020.08.11(00:01) 3947

ノウゼンカズラ


 毒々しくてけばいのであまり好きではありませんが

   目立つ花なのでついついと引き込まれます

 「ノウゼンカズラ」

PENF9939.jpg



 地上に這う「ノウゼンカズラ」

   ちょっと珍しいポジション

 タイルのグリッド模様との対比が面白くて切り撮ってみました


PENF9938.jpg



「ノウゼンカズラ」はノウゼンカズラ科の落葉性のつる性木本。
夏から秋にかけ橙色あるいは赤色の大きな美しい花をつけ、気根を出して樹木や壁などの他物に付着してつるを伸ばす。
中国原産で平安時代には日本に渡来していたと考えられる。 夏の季語。

古名は「ノウセウ(陵苕)」または「ノセウ」で、それが訛って「ノウゼン」となった。
また蔓が他の木に絡み攀じ登るため「カズラ」の名がついた。
また古くは「まかやき(陵苕)」とも呼ばれた。

「ノウセウ」については凌霄(りょうしょう)の朝鮮読み「ヌンソ」の訛りとする説もある。

別名に「ノウゼン」、「ノショウ」がある。
「のうぜんかつら」と表記される場合もある。

漢名の凌霄花は「霄(そら)を凌ぐ花」の意で、高いところに攀じ登ることによる命名

  ウィキペディアより


PENF9911_2020080923023917b.jpg


 撮影機材:NCZ50F2 + PENF


  ノウゼンカズラ

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

喜光寺 蓮華

2020.07.15(00:01) 3914

喜光寺 蓮華


 蓮も最後の盛りに

   虫たちも忙しそう

Z6D_8429_20200714001835974.jpg



 背中から撮る

   あまり撮らないアングルです

Z6D_8460.jpg



 カメラ📷はデジタルライカ

   沈胴式レンズ

 へっぴり腰ではありませんよ

   撮影スタイルもこだわりの一枚であります📷

Z6D_8589.jpg



 白壁土塀に浮かぶ蓮

Z6D_8475.jpg



 華も盛りの数日間

   精一杯に謳歌して~♪


Z6D_8481.jpg


  撮影機材 : シグマ150mmF2.8マクロ Z6


  喜光寺 蓮華

⇒喜光寺 蓮華の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

蘭愛好家 Sさんの花 「カトレア」

2020.07.12(00:01) 3911

蘭愛好家 Sさんの花 「カトレア」


  純白の花

    フリルが可憐で

  可愛らしく清楚

PENF9205.jpg



 カトレア

   よく見るとわずかに

 色がついています

PENF9278.jpg



 カトレアも色々種類があります

   花の名前、横文字で長ったらしくて

 覚えられません

   マジェンタ系の淡い色も

 色っぽさと愛らしさを 魅せています


PENF9189.jpg


  撮影機材 : AiS55F2.8マイクロ + PENF カトレア

⇒蘭愛好家 Sさんの花 「カトレア」の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

喜光寺 蓮華

2020.07.11(00:01) 3910

喜光寺 蓮華


  喜光寺の蓮 南大門をバックに

Z6D_8564.jpg



Z6D_8642_20200709235501d09.jpg



  石仏をバックに

Z6D_8622.jpg



  本堂をバックに

D85_0772.jpg



  白壁土塀

Z6D_8480.jpg



  佛舎利殿 年末完成予定(予想図)

   白蓮を前に


Z6D_8658.jpg


  撮影機材 : AFS17-35F2.8ED D850 Σ150F2.8マクロ Z6


  喜光寺 蓮華

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

小判草をオールドレンズで撮る キャノンライカLマウント50mmF1.4 Z6

2020.07.06(00:01) 3902

小判草をオールドレンズで撮る キャノン 50L1.4 Z6


 小判草をオールドレンズで撮る

   撮影機材 : キャノンライカLマウント50mmF1.4 Z6

Z6D_5430.jpg



  ライカLマウントのレンズ キャノン 50mm F1.4

tsZ6D_5228.jpg

    Canon 7やCanon P用の標準レンズとして1959年発売


Z6D_5431.jpg



  レンズ構成は4群6枚のガウス型

    最短撮影距離は1mと長いですが

  Z6にヘリコイド付きアダプターで近接撮影をカバー

    今から60年前のオールドレンズなので 逆光にはとても弱く

  フレア・ハレーション・ゴースト ど派手に発生します

    逆光で発生するゴーストをうまく作画に撮り入れることで

  面白い作品が期待できます

    順光やハレ切りをすると

  素直な柔らかい描写で 開放近傍でも

    この通り 優しい写りをします

  オールドレンズならではの描写、楽しみたいと思います


Z6D_5434_2020070318014255a.jpg


  小判草をオールドレンズで撮る キャノン50L1.4 Z6

⇒小判草をオールドレンズで撮る キャノンライカLマウント50mmF1.4 Z6の続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

季節は移ろい 過ぎて往く 「紫陽花」

2020.06.25(00:01) 3890

季節は移ろい 過ぎて往く 「紫陽花」


  雨傘にも日傘にもなる

    梅雨の狭間

Z6D_7697.jpg



  虫に食まれた葉もまた

    いとをかし

Z6D_7687.jpg



  日陰の紫陽花

    しっとり ひそやかに

Z6D_7529.jpg



  梅雨の合間の陽射しに

    花びらもはしゃいでいます

DFN_9589.jpg



  季節は移ろい 過ぎて往く

     「紫陽花」もまた

Z6D_7683.jpg


  六月も終盤 紫陽花の見頃もあと少し

    紫陽花の花も綺麗ですが

  逆光に透かした葉脈もまた

    いとをかし


Z6D_7688.jpg



  撮影機材 : AFS28-300G Z6

  季節は移ろい 過ぎて往く 「紫陽花」


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

蘭の花 「パフィオペディルム・サンデリアヌム」

2020.06.21(00:01) 3885

蘭の花 「パフィオペディルム・サンデリアヌム」


  よじれたひものように見えるのが花弁

PENF9256.jpg



  2本垂れ下がり

    合わせて120センチほどになるという。(世界最長とも)

  風に吹かれるとユラユラユラと

D85_0593.jpg



  長い花弁は

    受粉の手助けをする昆虫をおびき寄せる為なのだという

PENF9264.jpg



  鳥が飛んでいるようにも見えますね


D85_0588.jpg


  撮影機材 : 1,3枚目はAiS55F2.8マイクロ+PEN-F 2,4枚目は NCZ50F2マクロ+D850


  蘭の花 「パフィオペディルム・サンデリアヌム」

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

蘭の花 「ブラッシア・ベルコサ」

2020.06.19(00:01) 3883

蘭の花 「ブラッシア・ベルコサ」


 蘭マニアのSさんに誘われて 蘭の花を撮らせてもらいました

  蘭の花 「ブラッシア・ベルコサ」

D85_0609_20200619022126ad5.jpg

  撮影機材 : CZ50mmF2マクロプラナー + ニコンD850


  分布メキシコ~ブラジル北部

蘭の花の名前は難し過ぎるし 横文字なので覚えられません

  たまたまこの花の名前は検索してヒットしたものです

ブラッシアとありますので ブラシのような という意味でしょうか

  意味は違えど、そのように覚えたら覚えられそうです

でも、毛虫のようにも見えませんか?

  あっそんな失礼なことを言ってはいけませんね

PENF9224.jpg

  撮影機材 : AiS55mmF2.8マイクロ + PEN-F


  ほら 鳥たちが飛翔しているようにも見えませんか

PENF9294.jpg

  撮影機材 : AiS55mmF2.8マイクロ + PEN-F



  蘭の花 「ブラッシア・ベルコサ」

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

ブラシの木

2020.06.06(00:01) 3862

ブラシの木


分類
門 被子植物門 Magnoliophyta
綱 双子葉植物綱 Magnoliopsida
目 フトモモ目 Myrtales
科 フトモモ科 Myrtaceae
属 ブラシノキ属 Callistemon
種 ブラシノキ C. speciosus
学名
Callistemon speciosus
和名
ブラシノキ
英名
Bottlebrush
ブラシノキ(学名:Callistemon speciosus)は
フトモモ科ブラシノキ属の常緑小高木。別名、カリステモン(本来は属名のラテン名である)、ハナマキ(花槙)、キンポウジュ(金宝樹)。
学名のカリステモンはギリシャ語で「美しい雄しべ」という意味
 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Z6D_5721.jpg



  名は体を表す

   名前の通り 「ブラシの木」

  食器類を洗ってみたくなりました~(^^)v


Z6D_5718.jpg


  撮影機材 : CZ55mmF1.2 Z6
    何気なくプラナー55mmF1.2で撮ってみました


  ブラシの木

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

お隣さんのドウダンツツジ

2020.04.24(00:01) 3799

お隣さんのドウダンツツジ


  お隣さんの庭のドウダンツツジが咲き出しました

    お願いして 庭先で撮らせてもらいました

Z6D_0679.jpg



  まさに鈴生り~♪

Z6D_0637.jpg



  アップで狙って


Z6D_0610.jpg



ドウダンツツジ(灯台躑躅、満天星、学名Enkianthus perulatus)
ツツジ科ドウダンツツジ属の植物。
「ドウダン」は
枝分かれしている様子が昔、夜間の明かりに用いた灯台(結び灯台)の脚部と似通っており、その「トウダイ」から転じたもの。

Z6D_0609.jpg



特徴
落葉広葉樹。低木で、大きくても3メートル程。
日本の本州、四国、九州の温暖な岩山に生えるが、自生地は少ない。
庭木や植え込みとしてはごく普通に植えられる。
寒冷地でも耐えるが、関東以西の温暖な地に多く植えられる。
花期は、葉が出てから約1週間後(4月上旬から5月中旬頃、地方によって違う)。
花序は散形花序である。
花は、白色、釣り鐘のような感じで、5ミリメートル程の大きさ。
葉は、菱形に近く、大きさは通常約2センチメートル (cm)
大きなものは、約5cmになる。
ツツジ科の特徴として根が浅いので、乾燥に弱い。
新緑、花期、紅葉と、見頃が多い。
紅葉は寒冷な地で10月中旬から11月上旬頃、温暖な地で11月中旬から12月中旬頃であり、まっ赤に紅葉する。

ドウダンツツジの品種に葉が広いヒロハドウダンツツジがあるが、自生地ではむしろヒロハドウダンツツジのタイプが多く、同一場所に両者やその中間型が混在して見られるため、厳密に区別する必要はないと思われる。

  ≪情報:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A6%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%84%E3%82%B8≫


Z6D_0607.jpg


 撮影機材 : カールツアイス ゾナー 180mm F2.8 Z6

⇒お隣さんのドウダンツツジの続きを読む
   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

春の花実 ボケ&レモン

2020.04.15(00:01) 3784

春の花実 ボケ&レモン


  ボケの花

Z6D_9732.jpg



ボケ(木瓜)の花
 科・属名 バラ科ボケ属
 英名 Japanese quince
 原産地 中国
 開花期 3~5月
 花の色 白、赤、ピンク、オレンジ

Z6D_9733.jpg

ボケの花の写真 バックのボケが綺麗でしょう(笑)
  これは小生の腕ではなく レンズのお陰です (カールツアイス マクロプラナー 50mmF2)

ボケ(木瓜)の花言葉
 『先駆者』『指導者』『平凡』『退屈』『早熟』『熱情』『魅感的な恋』『妖精の輝き』
ボケはたくさんの花言葉をもっていますが、どれも由来や意味は伝えられていません。
 ただ、「先駆者」という花言葉は、織田信長が家紋としてボケを用いていたことに由来しているとされています。
  ≪以上 花情報 : https://horti.jp/4358より≫

Z6D_9734.jpg



 これは?

Z6D_9709.jpg



 はい レモンでした
   レモンってこんな風に生るのですね
 はい 勉強になりましたm(_ _)m


Z6D_9708.jpg


   撮影機材 : NCZ 50mmF2  Z6


  春の花実 ボケ&レモン


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

スノーフレーク (鈴蘭水仙)

2020.04.04(00:01) 3771

スノーフレーク (鈴蘭水仙)


スノーフレーク

  花言葉は

  「純粋」「純潔」「汚れなき心」「皆をひきつける魅力」

Z6D_9663.jpg



花名の由来
 属名の学名「Leucojum(レウコユム)」は、ギリシア語で「白いスミレ」を意味するといわれ

 和名の鈴蘭水仙(スズランスイセンSummer snowflake)は、花がスズランに、葉がスイセンに似ていることに由来する。

なお、スノーフレークは「雪片」という意味で、
  スノーフレークの花期は雪の降らない春で
英語では「サマー・スノーフレーク(Summer snowflake)」と呼ばれる。

花言葉の由来
 花言葉は「純粋」「純潔」「汚れなき心」

 花びらの先端に入る緑の斑点が、純白で清楚な花をいっそう際立たせていることに由来するといわれます。

≪花情報 : https://hananokotoba.com/snowflake/ より≫

Z6D_9659.jpg



  西洋水仙 もご一緒に~♪


Z6D_9714.jpg


  撮影機材 : カールツアイスプラナー 50mmF2マクロ + Z6


  スノーフレーク (鈴蘭水仙)


   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

スモモの花散る頃

2020.04.01(00:01) 3768

スモモの花散る頃


  雨に濡れ 散り急ぐ花

Z6D_9704.jpg



  枝についた花もあとわずか

    季節はめくられて往く

Z6D_9705.jpg



  これぞまさしく 「花道」


Z6D_9702.jpg


  スモモの花散る頃

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック

行方不明のまま 忘れ去られていたサボテンの花

2020.03.27(00:01) 3763

行方不明のまま 忘れ去られていたサボテンの花


  ソニーのカメラα7R2が壁の張替工事の際にどこに片づけたのか行方不明になってしまった

    半年以上経って やっとこさで見つけたカメラ

  何気なくデータを見たら なんとまあ 忘れてしまっていたデータが入ったままだった

    どんなレンズで撮ったのか全く思い出せない

  デジタルデータには記載がないので マニュアルレンズで撮ったのは間違いないところ

    行方不明のまま 半年以上忘れ去られていたサボテンの花(去年の8月に撮影)

7R202196.jpg



  サボテンの花

    夕方に突然に開花します

7R202192.jpg



  開き出したら 一気呵成です

7R202198.jpg



  鶴の翼を見ているようです

7R202214.jpg



  開花しだして 僅か数時間

7R202230_20200326231340bad.jpg



  開ききった瞬間

     夢一夜~♪


7R202222_20200326231338291.jpg


  行方不明のまま 忘れ去られていたサボテンの花

   
↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします

自己啓発 ブログランキングへ

クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック